投資のおすすめ

投資についての考え

Life as if you were to die tomorrow.
Learn as if you were to live forever.(Mahatma Gandhi)

これは、マハトマ・ガンジーの有名な言葉で
「明日死ぬかのように生きてください。永遠に生きるかのように学んでください。」
というような意味。

ガンジーの名言と投資なんて、まったく別次元のもののように思えるかもしれませんが、私にとっては投資のサイトをつくろうと思った時にパッと頭に浮かんできた言葉です。
ですので、無理やりかもしれませんがガンジーの名言を投資の観点から考えてみたいと思います。

一般的な投資の意味は、利益を得る目的で、事業・不動産・証券などに資金を投下すること。
私の考える投資とは、広義の解釈になり
「人生を豊かに生きるために、時間とお金を有効に使いましょう」ということ。
学校や社会人になってからの勉強も投資ですし、健康のために体を動かすことも投資ですし、豊かな人間関係を築くためのコミュニケーションも投資ですし、部屋をきれいに片づけることだって投資です。
極論を言ってしまえば、将来自分や世の中のためになることをするのであれば、すべて投資というわけです。

ガンジーの名言を私なりに解釈すると、
明日死ぬかのように生きるとは、今日一日、生きることで得られる人生の利益を享受し、後悔のない生活をしましょうということ。
そのためには必然的に、過去に仕事や勉強・運動などの自分への投資をしておく必要があります。

永遠に生きるかのように学ぶとは、学び成長し続けることこそが人生であり、それに終わりはないということ。
学びとは自分への投資であり、それによって他人や世の中に貢献することを可能にします。

今日一日を善く生きるためには永遠の学びが必要であり、成長するための善き学びを得るためには今日一日を一生懸命生きる必要がある。
タイヤの両輪のように二つがうまく回って初めて効果の出る言葉だと思います。

さて、ここでちょっとした言葉遊びで、ガンジーの名言のLifeとLernのところを投資するという意味のInvestに置き換えてみましょう。

Invest as if you were to die tomorrow.
Invest as if you were to live forever.

「明日死ぬかのように投資してください。永遠に生きるかのように投資してください。」
くどくて名言になりそうな感じはしませんね。
人生最期の日であっても後悔しないように、豊かに生きることを心がけ、永遠に生きるとしても豊かに生活できるように投資をしましょうということです。

人生を善く生きるということを考えた時、投資というのはとても重要な要素になります。
善く生きるためには投資が必要であり、投資をすることによってより善く生きることができるのです。

投資というのは、投機やギャンブルとは違います。
時間とお金を何にどれだけ使うか、損失はどこまで許容できるか、利益がどの程度見込めるのかということを計画し実行するプロセスのことです。
ですが、投機やギャンブルは投資ではないと言いつつ、投機やギャンブルもきちんと勉強し不正を行わずにプロセスに沿って利益を得る場合は投資になりうると思います。

投資というのは、畑を耕し、眼が出てきたら水をやり、雑草が生えてきたら取り除き、実ったら刈り取るというのと同じように自然の原理・原則に則った、人間が生きるために欠かせないシステムの一部です。

つまり、原理・原則にのっとった良い言葉、自然の理に適った言葉というのは、投資にも適用することができますし、大いに役立つものだと考えています。
投資のおすすめサイトでは、小手先のテクニックや玉石混合の情報に惑わされず本質的な投資に役立つ考えや情報の提供を心がけたいと思います。

蟹をまっすぐに歩かせることなど出来ぬこと

蟹は生まれつき横に歩くようにできている。
蟹がまっすぐに歩こうと思うなどばかばかしいこと。
また、その蟹をまっすぐに歩かせようと試みることもばかばかしい。

万物は本来持っている機能を余すことなく発揮することによって、この世界で生きていくことができる。

他の人がまっすぐに歩いていようが、私は横にしか歩けないとすれば持てる力を全て注いで横に歩いて行こう。

おすすめリンク集